記事一覧

階段

こんばんは。荒木です。いつも階段は試行錯誤しながら設計するのですが、今回はメーカーの階段をアレンジしてみました。階段を受けている黒い部分は木製で、手摺はフラットバーと丸棒を組み合わせて、、、完成。全て製作で無い分、メーカーの規格寸法の制限がありますが、少々コストを抑えつつも、軽やかな階段ができました。見た目はネットを張らないほうがいいのにな・・・という声をお施主さんから聞きますが(もちろん私もそう...

続きを読む

勾配天井

 有馬です 今回は勾配天井についてです。 1階の大部分には2階があり天井は水平になりますが 2階や1階の下屋は屋根の傾斜を利用して傾斜のついた天井が可能です。  もともと 昔の庶民の家は天井が無く 屋根裏や梁が見えていました。でも 身分の高い人や 富がある人の家は天井があり それを真似したのが始まりです。 水平天井は落ち着きや安定感 勾配天井は動きや爽快感があり 水平のなかに勾配を足すことで豊な空...

続きを読む

建具を製作 その2

こんにちは。荒木です。前回に引き続き製作建具です。今回はアンティーク調のリビングの入口扉のデザインをイメージスケッチ中。ラフ案が完成し、後はお客様と打ち合わせ。製作建具は自由にできる反面、メーカー品に比べて、反ったり建てつけが悪くなったりする場合もあります。反りを調整する為に、太陽にあててみたり、底を少し削ったり、と。割れた際のガラスの交換の仕方も考えます。後々のことも考えてデザインと施工とのバラ...

続きを読む

天井高

 有馬です さて前回の続きです。 具体的な天井高ですが その前に人が認識しづらい天井高がありまして… 2400mm~2700mm 最初にそこに入った時は高さ低くさを感じますが しばらくすると分からなくなる。  乱暴な言い方をすると 無理して2700mmの高さを得ても 慣れると高さを感じない。対して吹き抜けは2層分で5000mm以上になる 開放的だけど落ち着き感がなく 長時間過ごすには不向き そこでバランスを取るため基本の...

続きを読む